.

普通、クレカの限度額がご自身が通常払うよりゆるくなっていると人間は心配ないと誤解してむやみにで決済してしまったりするようです。クレカ使用の危険を抑えておく意味でも使える限界額を自主的に少なく設定しておこう・・・というのがこの本文のメインとなる考え方です。利用限度額を減らす方法:クレカの月の限度額を減らしておく方法は、月の限度額の引き上げことと大差なくなんとも簡単です。裏側にあるフリーダイヤルに電話をかけて、「カードの限度額をセーブしたいです」ということをセンターの人に指示するだけです。普通はすでにあるカードの限度額に比べ下であれば審査もなく電話一本で限度額の引き下げが完了します。カードの限度額を減らしておくのは防犯にも結びつく◇クレカの月の限度額引き下げは、自分をセーブできる等の良いことだけではなく防犯対策とも関連が深いものです。もし仮に、財布の中のクレジットカードが盗まれて知らない間に使用されたような状況でもあらかじめカードの月の限度額を低くコントロールしておけば損害を出来るだけ少なくすることができるためです。ここで言っておきたいのは、もし仮にクレジットカードが知らない間に使用されてしまった問題が発生してもカード契約者に過失が確認できない限り盗難保険と呼ばれるしくみがユーザーをフォローしてくれるし不安になることはないのですが、もし被害に遭った時のことを想定して、多めのカード上限額は少なくしておくのも手です。使いもしない上限額は百害あって一利なし・・・と言えます。