.

始めに、一般の人が破産を要請するまで債務者当人に対しての電話使用の借金回収と借金のある自宅への直接訪問によった返済要求は違法ではないということなのです。さらに、破産申請の手続きに進んでから請求までに無駄な時間が費やされた場合には債権者は強硬な返済強要を実行するリスクが増加します。債権保有人側としては債務の返金もしないまま、さらに破産といった司法上の対応もされないといった状態だと組織内での処理をすることができないからです。それだけでなく債権保持人の一部には有資格者につながっていないとわかったなら相当無理矢理な締め上げ行為をやってくる債権人もいるようです。司法書士の方または弁護士法人に助力を求めた際には、個別の債権保持人は債務者に関しての取り立てをすることが不可能になります。相談を受けた司法書士の担当者あるいは弁護士の担当者は事件を任されたという内容の文書を各権利者に配達することになり、各債権者が受け取ったならば債務者は取り立て業者による過激な返済要求から放たれるわけです。ここで、企業が勤務地や親の家へ行っての取り立ては借金に関する法律のガイドラインで許されていません。金貸しとして登録してある会社ならば勤務地や本籍地へ行っての収金は貸金業法に違反するのを把握しているので、その旨を言ってしまえば違法な取り立てをし続けることはないと考えます。自己破産に関しての申し立ての後は破産者に向けての取り立てを対象内として例外なしに返済請求行為は禁止されています。だから取り立て業者からの支払い要求が完全に消えることとなります。といっても、そういったことを分かっていながら訪問してくる取り立て業者もゼロとは断言できません。金貸しとして登録している企業であれば自己破産に関する手続きの後の収金が貸金業法のルールに反しているのを知っているので、その旨を伝えれば、返済要求を続行することはないと考えます。ただ闇金融と言われている未登録の取り立て業者についての場合は範囲外で、違法な返済要求が理由の被害事件が増え続けている状況です。闇金融が取立人の中にいる可能性がある場合はどんな理由があれ弁護士の方や司法書士法人などの専門家に連絡するようにする方がいいと考えます。